• 2013.02.13 Wednesday
  • -
  • -

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

エレキギターはぢめました

海外で1年くらい前にリリースされてて気になってたんだけど、箱○版がリージョンフリーじゃなかったんで我慢してたタイトルが日本語版で登場。

その名も『Rocksmith』。

いわゆる音ゲーなんだけど、これまでのと大きく違うのは本物のギターを使うっていうこと。
本物ギターを専用ケーブル(ソフトに付属)でゲーム機本体に繋げるっていうシロモノなの。
ケーブルを伝った音声をソフトが音程認識して判断するっていうものなのね。

…ってことはですよ、奥さん。
これで遊んでいるだけでギターが弾けるようになっちゃう…であろうゲームなわけですよ。

日本発売に合わせて、石橋楽器などで安価のギターとセットになったやつが発表になったんで速攻で予約して、それが昨日届いた。
ギターセットはPS3版だけだったんだけど、友人でどっちでもイイって言ってくれたのがいたんで、彼に箱○版を買ってもらってソフトだけ交換したの。

电声吉他

さっそく1時間くらい遊んでみたんだけど…これスゴイわ。

ゲームとしてもシッカリできてるし(上級者には最初物足りないかも)、チュートリアルやビデオ解説がすごくわかりやすい。

ただね…ギターってムズいんだなぁと改めて思わされたよ(>_<)
まぁ、ジワリジワリと上達してやるわよ。

あともひとつこのゲームのスゴイところなんだけど、一般的な音ゲーってゲーム(曲)を始めるときに難易度決めるじゃない。
ところがこの『Rocksmith』は難易度がプレイ中に自動調整されるの。
上手く弾いていくとドンドン音が増えていって、失敗すると音が減るのね。
しかも、かなり細かく段階設定されてるみたい。
このおかげで超初心者の俺でも、なんだか弾けてる気分にさせてくれる。

これはホントに良ゲーだよ。
初心者や過去にギターを諦めた人にこそ遊んでもらいたいタイトル。
ベースモードもちゃんとあるよ。

とりあえず最初のレビューはこんなとこで。



…ってか、このブログもそろそろ潮時かな。
Kinect導入

とうとうKinectセンサーを購入。
住宅事情があるんでジャンプが必要なゲームは遊べないんだけど、楽しみたいと思っとります。

とりあえずで既に持ってる中からKinectに対応してた『Child Of Eden』をプレイ。
*今回はKinectネタなんでAmazonリンクは箱○版のみ。

これは一度、友人宅でプレイしてはいたんだけど、気持ち遠慮がちにプレイしちゃったんで今回は思う存分ねwww

パッドでやるよりスコアは伸びないけど、楽しみ方がガラっと変わる印象。
これは一度やってみることをオススメしたい。
できれば、部屋の電気を落としてヘッドホン爆音でね。

もうひとつは今日までアメリカで無料配信されている『Haunt』(DLには北米アカウントとKinectセンサーが必要)。
これは『パラッパラッパー』なんかが有名で、ミュージシャンである松浦雅也氏が代表を務める七音社が開発したアトラクション系(!?)ゲーム。
ディズニーランドのホーンテッド・マンションを自分で歩きながら探索するっていう感じ…かな。

今回はキャンペーンで無料でゲットしたんだけど、明日以降はXBLAタイトルとして800ゲイツポイントでゲットできまっす。

コッチは触りしかやってないんだけど…っていうか、「歩く」動作が必要だったんで深夜なもんで止めたのよ。
その「歩く」動作もKinectの設置が微妙だったのか、障害物があったのか、歩き方がヘタレだったのか…思うようにいかなかったのよね。

<Haunt | Xbox.com>
http://bit.ly/N3C0lE
*注:音声、映像アリ

Kinectって全身使ってナンボなんだとは思うんだけど、日本の住宅事情を踏まえて、もっと座ったままでも楽しめるタイトルをお願いしますよ。

明後日には尼で700円でゲットした『ガンストリンガー』が届く予定。
これは座ったままプレイがウリなんで期待大。
Amazonリンクは海外版(多分、アジア版)だけど、中身は日本語版と一緒。

座ったままといえば『重鉄騎』も気になるねぇ。

蝙蝠男再来

『Forza Motorsports 4』も買ったばっかだし、『BAYONETTA』も再熱中だってのに『Batman: Arkham City』をゲットんしてしまった。
今回は初めて箱通のコラムでも有名なTAIさんのお店から通販してみた。
送料は安くて全国一律だし(道産子としてはコレが一番嬉しい)、注文から発送までの手続きも早いしオススメっすよ。

<Game Station Online>

今回買ったのは「Game Of The Year Edition」っていう通称GOTY版ってので、最新のも含むこれまでのDLCが全部入りっていうベスト版的なものね。
今のところ日本国内リリースは予定されていないってことで海外版を買ったわけ。

しかぁし!!!
このGOTY版。
日本語字幕がキッチリ入っとります。
これは通常版と同じ仕様。
こういうタイトルが増えてくれると我々ユーザーも嬉しいよね。

で本編なんだけど。
いやぁ…ヤヴァいっすわ。
前作を楽しめた人は購入必須でしょう。

序盤からかなりの数のガジェットを使えるってのが前作をプレイした人にはありがたいし、それを知らなくてもステージを進めていけばガジェットの使い方を教えてくれるチュートリアルステージもあるっていう安心デザイン。
こういう続編の作り…非常にイイと思う。

基本的には前作の拡張版的な作りなんだけど。
クエスト数やアクションの幅が大きく広がって…まぁ、面白いのよ。

そしてバットマン好きにはタマらないんだろうけど。
これでもかってくらいのヴィラン達のオンパレードには劇場版ファンなだけのオレでもニヤリニヤリとさせられてるよ。

進捗はまだ20%弱ってとこかな。
これからまだまだ楽しみまっす。
詳しい話はそのうち…ね。
誰でも気軽にレーサー気分

今更ながら『Forza Motorsports 4』を買ってまった。
…というのも。
10日ほど前に『ワイヤレス スピード ホイール』なるものをゲットしたから。
前の職場の同僚が買ったらしいんだけど合わなかったようで安く譲ってくれることに。
最初「500円でイイよ」って言ってくれたんだけど、定価が¥5,775で尼でも¥4,500とかだから中古といえどそれはねぇってことで、1,000円で譲ってもらった。
もちろん友人宅で試遊させてもらってからね。


まずこの『ワイヤレス スピード ホイール』だけど。
オレにはツボだね。
やっぱりアナログスティックでのハンドリングは微妙だったからねぇ。

あっ、この製品はハンドルのような形をしてて、ジャイロセンサーが入ってるから傾けるとそれに応じた微妙なハンドリングができるってものね。
これでプレイすると、かなり思い通りのラインを走れるのようになったよ。
ケツを振りだした時の反応もバツグンにしやすくなった。

ただ、このコントローラーにも難はあって、アナログスティックとLB/RBボタンがないのよ。
左アナログスティックはジャイロセンサーに替わってるんだけど右は無し。
これはKinect使いなさいってことなのかな。
それよりもLB/RBボタンはやや深刻かも。
レース中はボタン設定で何とかなるんだけど、メニュー画面でLB/RBボタン必須な箇所があるのよ。
これは正直どうなのかと思ったねぇ。

ムダにLEDが光る(フォースフィードバックに合わせて光るっぽい)よりも、こっちを何とかして欲しかった。
ファンクションボタンをひとつ付けるだけでもイイと思うんだよな。
そのボタン押しながらL/Rトリガーとかさ。

…と、コントローラーの話はここまでね。

Forza4なんだけど…イイね。
前作までは持ってたから、これだけでも十分かなと思ってたんだけど、いろんな部分が良くなってるよ。

シングルプレイをしてて特にイイなと思ったのは、グラフィックが良くなったことと、同時発走台数が増えたこと、ライバルAIが人間味があることかな。
オンラインはまだ未プレイね。
自動のアップグレード(クラスに合わせた車のアップグレードをしてくれる)も健在で、これのおかげでオレみたいに車に詳しくなくても存分に楽しめるのがイイね。

シーズンモードも一度にランクの違う3レースから選んでプレイできるのもイイ。
ボーリングのピン倒しをするなんていうミニゲーム的なレースや峠攻めもあったりバラエティーに富んでるのもイイね。
GT5はやってないんだけど、GTシリーズはそこらの違いで敷居が高く感じちゃうんだよね。
まぁ、それがGTシリーズの良さなんだろうけどね。

まだ始めたばっかなんでココまでね。
ジックリ長く楽しめそうだよ。

そして今…Kinectが無性に欲しい。
フリーズ問題さえなければ…

『ザ・ダークネス』をヤフオクで送料込み480円でゲットん。
ちょっとディスクに傷が付いてたけどHDDインスコできたから問題なし。

アチコチで頻繁にフリーズするっていう問題が取り上げられてて心配だったんだけど気になるタイトルだったから思い切…らず、ヤフオクで購入したわけ。

確かにフリーズはしたのよ。
30分〜1時間に1回程度かしらね。
でも、同じ所で何度も…というのがなかったから、そんなに気にならなかったかな。

難易度ノーマルをクリアできたんで軽くレビューね。

かなり面白かったよ。
特に世界観がイイねぇ。

形はFPSなんだけど、主人公ジャッキーには『ダークネス』っていう闇の力があって、それを使うのがメインだし、最終ステージ以外は敵の数も少なめかな。

『ダークネス』の能力はジャッキー自身に憑いてる蛇のような悪魔と(以下、蛇悪魔)、ステージの随所で召喚できるミニ悪魔達がいる。

蛇悪魔はジャッキーの意識を支配して長距離移動や狭い場所への移動が可能になったり、触手攻撃ができるようになったり、ダークネスガンっていう特殊銃が使えるようになったり、ブラックホールを発生させたりして、これらを利用してステージ攻略していくことに。

ミニ悪魔たちは使い捨てのオプションみたいな感じかな。
近くにいる敵を襲ってくれたり、ガトリングで攻撃してくれたり、自爆したり、ライトを破壊したり…と、タイプは4種類。

…で、このゲームの一番のポイントは、この悪魔たちが「光が苦手」ってこと。
光の下では能力が発揮できなくなるんで、常に闇を作ってあげなきゃいけないのね。
街灯やら室内照明やらを破壊していって闇を作らないといけない。
このシステムがあるもんで、まず新しい場所にいったら片っ端から光源を破壊することから始まって、一段落してからお仕事という感じ。

シナリオもなかなか面白くってさ。
基本はマフィアもので、現代のマンハッタンが舞台。
ジャッキーは組織のボスにハメられるんだけど何とか難を逃れて、ボスであるポーリーへの復讐のために立ち上がる…みたいな感じだね。

その合間合間には、急に第一次世界大戦の世界へ飛ばされてジャッキーの祖先からダークネスの謎を明かされたりしてく…けど、この辺はよぉワカランかったわ。

ひとつひとつのステージは小さめなオープンワールドみたいになってて、ステージ間は地下鉄や徒歩で移動となる。
ステージが変わるときにはちょっと長めのローディングがあるんだけど、その時もちょっとしたムービーが流れて紛らわせてくれるんだけど、サブクエストをやってステージを何度も行き来しなくちゃならないときにはかなりウザかった。
ぶっちゃけ、フリーズよりも気になったなぁ。

かなり良くできたタイトルだと思うんだけど、洋ゲーってのもあってかイマイチ盛り上がりに欠けたのが残念。
それに拍車をかけてしまったのが箱○の日本語版だけで発生するフリーズ問題ね。
フリーズ問題についてはググれば出てくるから一度眺めてみることをオススメ。
ローカライズしたスパイクのダメっぷりが露呈されまっす。

ちなみに一周クリアは16時間くらいだったかな。
一周クリア時の実績は400。
今はなるべく実績を稼ごうと二周目を難易度イージーでプレイちぅ。
オンライン実績もあるからこれから全実績解除は誰かに協力してもらわないとキビしいかも。

2作目も最近リリースされたんで、こっちもチェックしてみたいところ。

…あっ、そうそう。
このゲーム、Z指定なんでプレイするのは18歳以上ね。
Xbox 360 ニューリリース
LINK
パソコンくらぶ オアシス パソコンくらぶ オアシス じんが営むパソコン教室
初心者から資格取得まで

Hapiness☆Controller Hapiness☆Controller 荒木美鈴さんのポキャス
箱○中心の濃いトークが魅力
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
SPONSORED LINKS
Wikipedia Affiliate Button

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.